ホーム>蔵だより>2016年8月

2016年8月

焼酎廃液の処理工場の視察

8/26(金)に、焼酎廃液の処理の視察に行ってきました。

焼酎廃液の回収を依頼しているエレファントジャパン(株)の
高橋課長さんの手引きで、処理を行っている(株)テツゲンさんの大分支店ところへ行ってきました。

実は、このテツゲンさんの処理工場は大分市にある新日鉄内にあり、
中に入るためには来訪者は各自身分証を用意したり、迎える会社側は来客用IDを人数分用意したりと、
チェック態勢も厳しく、来客者を中に入れるための手続きだけでも
大変だったのではないかと感じました。

加えてテツゲンさんは汚れる可能性が高いということだと思うのですが、
作業着や靴、軍手などまで用意してくれていたので、
準備に結構な時間をかけてくれたように感じました。

視察に行ったのは私だけでなく、大分銘醸からも2名と、
ほかにも取引のある常徳屋酒造場さんからも2名と、老松酒造さんからも2名来ていましたから、
計7名分の手配は大変だったのではないかと思います。

さて、本題の焼酎廃液の処理の仕方ですが、
簡潔にいうと、こちらでは原料再生工場というところで使う各原料を、
混合する際に造粒行程で使う水の替わりに焼酎廃液を使って処理している、ということでした。

正直、現場で説明を聞きながらでないと、
なかなか分かりにくいと思います( ´△`)

処理の順番に説明していくと、
とりあえず、エレファントさんが回収した焼酎廃液を下の画像のタンクに受け入れるようです。
(写真撮影は、全体像が分かるものはNGで、
局部的でならOKと言われたので載せようと思います。)

20169185610.jpg

そして、消臭処理と水で希釈された焼酎廃液を「パンペレタイザー」と呼ばれる
造粒処理場で乾原料に添加して造粒しているそうです。

下の画像がパンペレタイザーなのですが、現場でも暗く分かりにくかったので、
正直分からないと思いますが、一応載せようと思います。

2016919102.jpg

結局、造られた造粒は何に使われるかというと、
製鉄原料を造ったりするときの燃料として使われるようです。

また一つ理解を深めることができて良かったと思います。

2km×4kmという広大な新日鉄内に入れて、
規格外の設備等を見れたのも個人的には本当にありがたい体験ができました。

そして、今回の話を進めてくれたエレファントジャパンの高橋さんや、
私達を快く迎えてくださって、丁寧に説明等をしてくださった
佐藤さん、堤さん、三國さん、城本さん、その他のスタッフの方々、
本当にありがとうございました。

2016919316.jpg

(通信販売コーナー作成中)

大分県宇佐市安心院町|麦焼酎・大分の酒・酒蔵

縣屋酒造(株)

大分県宇佐市安心院町折敷田130

仕込み開始

8月17日、約一ヶ月ほど止めていた造りを盆明けを期に再開しました。

その前日に製造の人間は夏季の連休を終え、
翌日の仕込み開始に向けて清掃や機会の試運転など、
準備を行いました。

特に大きな問題なく、麦の浸漬や水切りなどの「蒸し」の行程も行えたので一安心でした。

ドラム内に蒸気を入れはじめたときの画像です。

2016821122651.jpg

蒸しあがった麦に麹菌を付け終えて、「床寝」に入ったときの画像です。

2016821121627.jpg

まだまだ暑いので造りのペースは普段の半分くらいです。
蔵の掃除を進めながら少しずつ普段のペースに戻していくのが
縣屋酒造のいつもの流れです。

去年よりも少しでも品質を上げれるようにまたコツコツと
がんばっていきたいと思います。

(通信販売コーナー作成中)

大分県宇佐市安心院町|麦焼酎・大分の酒・酒蔵

縣屋酒造(株)

大分県宇佐市安心院町折敷田130

弊社見学

先日、8月17日弊社に、 日本酒類販売(株)九州支社の由井さんと、
(株)ハローデイの方々が製造場の視察をメインに福岡県から会社見学に来てくれました。

ちょうどこの日の午後からお盆明けの最初の仕込みをはじめる日だったので、
午前中に来られたときは、まだモロミもなにもなく、
いまいちピンとこなかったかもしれません( ´△`)

下の画像のようにカラッポです。

201682315330.jpg

私が製造を一応任せてもらっているので、
製造場内を移動しながら製造行程を自分なりに 説明させてもらいましたが、
来てくださった約10名のみなさまが真剣に話を聞いてくれるので、
非常に嬉しかったです。
もう少し説明の練習や勉強しておけばよかったと思いました。

話を聞くと、どうやら近く縣屋酒造の製品をこちらのハローデイで取扱ってくれるらしく、
それで研修の意味合いもかねて来てくれたようです。
本当にありがたいです。
普段はあまり時間等に余裕がないこともあり、
会社見学は今回のように要望があるときにしか行っていないのですが、
本格焼酎のさらなる理解や普及に貢献するためにも、
こういった活動も大切にた方がいい、と感じました。

大手メーカーさまのように、頻繁に製造場を開放して 見学できるようにしているのは
本当に素晴らしいと思います。

改めてですが、
わざわざ福岡県から来てくださった 日酒販の由井さんやハローデイの社員の方々、
ありがとうございました。

どうか縣屋酒造の本格焼酎をよろしくお願いいたします。

(通信販売コーナー作成中)

大分県宇佐市安心院町|麦焼酎・大分の酒・酒蔵

縣屋酒造(株)

名古屋展示会

9(火)に日本酒類販売(株)の中部支社が行った展示会へ参加しました。
縣屋酒造としては全国各地で行われている展示会に
割と積極的に参加していると思います。
おそらく私が日酒販さんの展示会に参加するのは3年ぶりくらいかもしれません。
(県内で行われるものへは年数回は出ていると思います。)

会場となったホテルです。

2016812155150.jpg

焼酎、ビール、清酒、ワイン等々、さまざまなアルコール飲料が並びます。
そのほかにもジュース類や食品関係(レトルト食品など)も並びます。
アルコール類は私の印象では会場内の約6~7割は占めていたと思います。

これはアルコール類を主にしている日酒販さんだからこそではないかと思います。

ちなみに縣屋酒造のブースはこんな感じにしてみました。

201681216030.jpg

会場内の様子はこんな感じです。

20168121626.jpg

会場は愛知県名古屋駅近くですが、大分県からも縣屋だけでなく、
三和酒類さまやぶんご銘醸さま、老松酒造さまも参加されていました。
そのほかにも宮崎県や鹿児島県など(もちろんそのほかにも全国)からも来られているメーカーさんもあり、本格焼酎をはじめアルコール類の普及や発展に尽力していました。

来られているお客様もさまざまで、料飲店や酒屋、大卸しさまなどで、
自前でバインダーやメモ帳を用意して熱心に食品の特徴などを聞いて、
質問などをしてくれる方は逆に勉強になることがありました。

改めて、製造ばかりでなく営業に出ることで得られる経験や
情報の大切さを確認するいい機会となりました。

(通信販売コーナー作成中)

大分県宇佐市安心院町|麦焼酎・大分の酒・酒蔵

縣屋酒造(株)

大分県宇佐市安心院町折敷田130