ホーム>蔵だより>お酒のカロリー

お酒のカロリー

エンプティカロリー(Empty calories)

前々回、前回と
 
「お酒のカロリー」について触れました。
 
 
その際、
 
いろいろと調べていると
 
”エンプティカロリー”
 
という言葉を見かけました。
 
 
 
なんとなく分かっていましたが、
 
なんとなくしか分かってない、
 
ということに気が付きました。
 
 
これをいい機会と思い、
 
きちんと理解しておこうと自分なりに
 
調べてみたので載せておこうと思います。
 
 
 
 
エンプティカロリー(Empty calories)とは、
 
直訳すると、
 
”空っぽのカロリー”
 
という意味になり、
 
「栄養素をほとんど含まないカロリー」
 
という意味合いになります。
 
 
 
アルコールに含まれているカロリーは
 
このエンプティカロリーであり、
 
エンプティカロリーは体内に蓄積されることはなく、
 
カロリー内に脂質などの栄養素が含まれていないことから
 
”エンプティカロリーはどんなに摂取しても太らない”
 
という誤った解釈をしてしまった人たちがいるようです。
 
 
 
アルコールで摂取したカロリーは
 
体内に蓄積されないと言われています。
 
 
 
これは正しくは、
 
「アルコールから摂取したカロリーを優先的に消費して、
 
アルコール以外(食べ物やお酒に含まれるアルコール以外の成分)から摂取したカロリーの消費を後回しにする」
 
ということです。
 
 
 
 
飲酒後、
 
酔いの回り方は個人差によりますが、
 
アルコールを摂取すると
 
顔に赤身を帯びたり、体が火照るのは
 
アルコールに含まれるカロリーが
 
優先的に代謝されているためです。
 
 
 
そして、
 
アルコールのカロリーは蓄積されないとしても、
 
そのカロリーを消費するまでの間は、
 
他から摂取したカロリーを使わないわけですから、
 
結果的に余ったカロリーは
 
脂肪となって蓄積されます。
 
 
 
特に注意してほしいのは、
 
エンプティカロリー×エンプティカロリーです。
 
 
 
例えば、
 
ハンバーガーなどのジャンクフード×甘い炭酸飲料や、
 
お酒×ポテトチップスなどです。
 
 
 
だからといって、
 
お酒ばかり飲んでいると
 
実はアルコールを分解する過程で、
 
肝臓での中性脂肪の合成が促進され、
 
脂肪肝を誘発すると言われています。
 
 
 
 
お酒だけ飲んでいると肝臓が太るので、
 
これはこれでいけません。
 
 
 
つまみには、
 
枝豆や豆腐など、ヘルシーなものを選ぶのがおススメです。
 
 
 
 
正直、酒造メーカーなどにとって
 
”アルコールはエンプティカロリーである”
 
という事実は好ましくありませんが、
 
焼酎などのお酒に関する様々な知識を持っていただきたいので
 
載せようと思いました。
 
 
 
 
これは私の個人的な感想になりますが、
 
「あれは体に悪い」
 
「これは体に悪い」と言い出したら
 
結構な食事制限を強いられることになるのではないかと思います。
 
 
 
 
 
それはそれでストレスになるのではないでしょうか。
 
結局のところ「バランス」かなと思います。
 
 
 
 
 
焼酎や日本酒などのアルコール類も
 
”ほどほど”に
 
ポテトチップスやハンバーガーなども
 
”ほどほど”に
 
偏らない食事とほどよい運動をすることができれば、
 
それなりに健康は保たれるのではないかと思います。
 
 
 
 
ということで
 
 
”ほどほど”
 
 
で結構ですので
 
末永く本格焼酎(麦焼酎)をよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
 
(通信販売コーナー作成中)
 
大分県宇佐市|麦焼酎・大分の酒・酒蔵
 
縣屋酒造㈱
 
大分県宇佐市安心院町折敷田130

焼酎以外のお酒のカロリー

前回、
 
本格焼酎と甲類焼酎のカロリーについて書きました。
 
 
 
自分自身が焼酎のカロリーというものに
 
関心がいってなかったので、
 
 
 
同じアルコール度数でも
 
本格焼酎より甲類焼酎のほうがカロリーが高かったことが以外でした。
 
(ほとんど変わらないと思っていました。)
 
 
 
そして、
 
本格焼酎でも麦焼酎、芋焼酎、米焼酎などいろいろありますが、
 
こちらはカロリーはほとんど変わらないということも興味深かったです。
 
 
 
本格焼酎と甲類焼酎のカロリーについて調べてみると、
 
次にそれ以外のお酒のカロリーに興味がいきました。
 
 
 
 
 
ということで、
 
今回は焼酎以外のお酒のカロリーはどれくらいなのかが気になったので、
 
日本で一般的に親しまれているものを載せたいと思います。
 
 
 
 
 
日本酒 100gのカロリー
 
 
本醸造酒  107kcal
 
純米酒  103kcal
 
純米吟醸酒  103kcal
 
 
 
 
ビール 瓶ビール
 
 
大瓶、重さ:630g カロリー:252kcal
 
中瓶、重さ:500g カロリー:200kcal
 
小瓶、重さ:330g カロリー:132kcal
 
 
缶ビール
1缶350ml≒350g カロリー:140kcal
 
 
外国産ビールの小瓶ビールは、
320~360mlのようです。
 
 
 
発泡酒
 
 
100gのカロリー:(発泡酒) 45kcal
 
 
発泡酒には、色々な商品があります。 
 
1缶350mlの発泡酒で、60~170kcalと幅があります。
 
 
 
ワイン 100gのカロリー
 
 
赤ワイン  73kcal
 
ロゼワイン 77kcal
 
白ワイン  73kcal
 
 
ボトル1本で、  重さ:750g カロリー:548kcal
 
ボトル半分で、  重さ:375g カロリー:273kcal
 
※ボトル1本は、750ml です。
 
 
 
ウイスキー 
 
 
100gのカロリー:237kcal
 
シングル、1杯、30ml カロリー:71kcal 
 
 
 
チューハイ 
 
 
350ml缶で90~200kcal アルコール分4~7%
 
 
カクテルやチューハイは、カロリーが高い傾向にあります。
 
 
どうしてもカロリーが高くなりがちなのは、
 
アルコール度数が高く、そして甘いお酒が多いためです。
 
発泡酒のように幅があります。
 
カロリーオフやゼロカロリー商品もあるためです。
 
 
 
 
 
これらを調べてみて思ったのは、
 
焼酎やウイスキーなどの蒸留酒はエキス分もすくなく
 
(確か3%未満だったはずです。)
 
糖質も入っていないのでカロリーは低め、
 
発泡酒やチューハイは
 
糖質やアルコール度数によるところが大きいなと思いました。
 
 
 
糖質は基本的に1gあたり4kcal、
 
純アルコールは1gあたり7kcalらしいです。
 
 
 
お酒好きなかたは、
 
これを参考に上手に糖質やアルコールと付き合って欲しいです。
 
 
 
 
 
 
 
(通信販売コーナー作成中)
 
大分県宇佐市|麦焼酎・大分の酒・酒蔵
 
縣屋酒造㈱
 
大分県宇佐市安心院町折敷田130

お酒のカロリー

先日テレビの情報番組で、
 
「蒸留酒は低カロリーでプリン体も入っていないのでおススメ!」
 
という感じの一コマがあり、
 
 
 
そこでふと
 
”そういえばほかのお酒のカロリーはどのくらいあるのだろう。”
 
と思いました。
 
 
 
そして本格焼酎のカロリーがどれくらいなのかも
 
正直把握していないことにも気づきました。
 
 
 
これはいい機会だと思ったので、
 
私なりに調べてみたので載せておこうと思います。
 
 
 
 
 
本格焼酎(乙類)
 
アルコール分25%で、
 
100mlあたり146kcal、1合(180ml)だと約260kcalです。
 
 
 
ちなみに、
 
麦焼酎、芋焼酎、米焼酎などいろいろありますが、
 
ほとんど変わらないようです。
 
 
 
250mlくらいのコップで、
 
お水130+乙類70mlで飲む場合だと…
 
 
 
水:0kcal
乙類70ml:102kcal
合計:102kcal
 
 
 
本格焼酎は水かお湯6~7に対して、
 
焼酎4~3というのが一般的かな、
 
と思ったのでそれで計算してみました。
 
 
 
 
 
甲類焼酎
 
アルコール分25%で、
 
100mlあたり146kcal、1合(180ml)だと約370kcalです。
 
 
 
実は、本格焼酎よりも高いのです。
 
同じくらいと思っていたので以外でした。
 
アルコールの抽出比率が高いので
 
カロリーがちょっと高め、ということのようです。
 
 
 
350mlくらいのグラスで、
 
ウーロン茶200ml+甲類50ml+氷で飲む場合だと
 
 
 
ウーロン茶200ml:0kcal
甲類50ml:103kcal
氷:0kcal
合計:103kcal
 
 
 
 
 
このように調べてみると
 
本格焼酎と甲類焼酎でもカロリーが違い面白いなと思いました。
 
 
 
 
 
 
 
次回は、
 
これ以外のお酒のカロリーも調べてみようと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(通信販売コーナー作成中)
 
大分県宇佐市|麦焼酎・大分の酒・酒蔵
 
縣屋酒造㈱
 
大分県宇佐市安心院町折敷田130