ホーム>蔵だより

蔵だより

減圧蒸留

いよいよ本格的に寒くなってきました。
インフルエンザやノロウイルスが流行しているみたいです。
気を付けなければいけません。

さて、今回は久し振りに縣屋の造り、
「減圧蒸留」を紹介したいと思います。

縣屋酒造の二次モロミは、大体3,800Lあり、
それを蒸留日に午前と午後の2回に分けて蒸留を行っています。

ほかの酒造メーカーさんでは、2~3日間かけて1本の二次モロミタンクを蒸留するなど、そのやり方はまちまちです。

さて、ここで「減圧蒸留」とはどういう蒸留方法なのかを説明したいと思います。

"減圧"とは、蒸留釜から冷却塔、蒸留酒受け入れタンクまでの、
一部の空間だけを真空状態に近づけ気圧を上げることによって、
沸点を下げることができ、結果ライトな蒸留酒を造り出す蒸留方法のことです。

"ライト"という表現にしましたが、
ほかによくいえば"軽快"、"飲みやすい"、"クセが少ない"、"キレがよい"といった感じです。

悪くいえば"物足りない"、"味気ない"、"淡白"といった感じです。

では、なぜ沸点を下げることによってライトな蒸留酒ができるかというと、
焼酎モロミ内に入っている各種微量成文の沸点がバラバラで、
沸点を下げることによって蒸留酒の方に移行しない成文が出てくるからです。
(例えば"フルフラール"という成文がそうです。)

この蒸留方法は、昭和48(1973)年頃に福岡県で日本酒の蒸留に初めて行われたようです。
そして翌年、熊本県で米焼酎の蒸留が行われ、その後広く普及していったようです。
まだまだ歴史は浅いと思います。
このライトでクリアなタイプは日本人の嗜好に合うのだと思います。
すっかり定着してしまいました。
現在では本格焼酎の主流です。

ちなみに、12月2日に行った蒸留では、
3,807Lのモロミで、アルコール45.3%のものが1,482L採れました。
1回の蒸留時間は縣屋では大体200分です。

下の画像が縣屋の蒸留機です。
20161223175651.jpg

20161223175755.jpg

次回は常圧蒸留のほうも書きたいと思います。

大分県宇佐市安心院町|麦焼酎・大分の酒・酒蔵

縣屋酒造(株)

大分県宇佐市安心院町折敷田130

國酒(コクシュ)

本格焼酎や日本酒は"國酒"というふうに表現されることがあります。

個人的には、"この国で造られる大事なお酒"というふうに受け取っているので気に入っています(^^)
(中には"右翼的"などと批判的な意見もあり賛否両論なようですが...)

そこでふと思いました。
なぜ「國酒」という言葉や概念が生まれたのか。

ということで短時間ですが、國酒について自分なりに調べてみました。

発端は約35年前の大平内閣のときに、日中国交回復の晩餐会にて、
ホスト国である中国が自国の酒「白酒(パイチュウ)」で日本を歓待したそうです。

これを受けた当時の大平首相は、日本には伝統の酒である本格焼酎や日本酒があるのに、
我が国での外交晩餐会はフランス料理にワインなどで乾杯をしている。
"これはいけない"と思い、本格焼酎や日本酒を「國酒」と命名し、
乾杯の際に使用することを提案したようです。

しかしなかなか浸透せず時は流れ、海外で日本食がブームになるとそれに乗じて國酒もPRしようと、
平成24年5月、古川元久国家戦略担当大臣(当時)が
「國酒プロジェクト」なるものを始動しました。
簡潔に概要を説明すると、

①成長戦略
海外で少しずつ浸透している日本食とともに、海外で國酒をもっと飲んでもらう。

②地域活性化
旅行先などで"地元"で造られている食や國酒を飲んでもらう。

③日本文化の振興
國酒やそれにまつわる食の魅力をもう一度見直す。

といった感じです。

輸出においては、日本酒のほうは数量を伸ばしているようですが、
本格焼酎はまだまだです( ´△`)

酒類のイベントはそれなりに成功し、
地方であってもそれなりに盛り上がりを見せているように感じます。
企画や広報などの"やり方"が大事な気がします。

今後、さらなる日本の人口減少や、
日本人(アジア系)は元来そこまでお酒に対する耐性が強くない人が多い、
といったことを考えても国内消費だけでは先細り感は否めません。

なるべく早く本格焼酎はウォッカ、ジン、テキーラなどの様に
「世界の蒸留酒」と認められるように、
日本酒はワインの様に、「世界の醸造酒」と認められるように
我々も頑張って活動を行っていかないといけないと思いました。

20161213174634.jpg

大分県宇佐市安心院町|麦焼酎・大分の酒・酒蔵

縣屋酒造(株)

大分県宇佐市安心院町折敷田130

宇佐の酒造巡りバスツアー2016

11/27(日)に「宇佐の酒造巡りバスツアー2016」
というイベントが行われました!

縣屋酒造を含む宇佐市と豊後高田市の蔵元9蔵が参加しました。

簡潔に概要を説明すると、
参加費用¥3,000で、大型バスに乗り宇佐市内の蔵を
見学していくという内容で、
昼食付きでその際には参加蔵元が用意したお酒が飲み放題、といった感じです。

私はバスに同乗して参加者の人数確認や誘導役を任されましたので、
参加者の集合場所である柳ヶ浦駅から参加者の受付確認をするところから仕事がスタートしました。
40名の募集に対して当日は39名の参加でした。

まずは10:00に柳ヶ浦駅を出発して長洲漁港で月に1度開催されている「浜の市」に行きました。
各種海産物やお弁当、焼きそばなどの食べ物などが販売されており美味しそうでした(^^)

そしてそこからバスで5分ほど移動して麦焼酎を造っている
「久保酒造」さんのところへ見学に行きました。

下の画像がそれで、みなさん久保社長の説明を熱心に聞いていました。
20161130165253.jpg

次にそこから歩いて清酒を造っている
「小松酒造」さんのところへ見学に行きました。
(この宇佐市長洲には酒造メーカーが集まっていて、
歩いて行けるくらい近いです。
"兼八"が代表銘柄の四ッ谷酒造さんも近くにあります。)

下の画像が小松酒造さんの画像です。
みなさんまた熱心に話を聞いて、清酒を試飲したり
仕込み水を飲んだりと楽しんでおられるようでした。
2016113017452.jpg

そうこうしているとちょうどお昼になったので、
昼食のためにバスで10分ほど移動して
「割烹あきない」さんのところへ行きました。

下の画像が「あきない」さんでの画像です。

20161130171129.jpg

20161130171237.jpg

ここではわれわれ参加蔵元が用意した約40種類の
本格焼酎や清酒、リキュールなどが飲み放題でふるまわれ、料理と一緒に楽しんでくれているようでした(^^)

そしてここではさらに参加蔵元が用意した計18点の景品が当たる抽選会も行われ、結構盛り上がりました(^^)
(縣屋からはTシャツを出しました。以前のブログに載せたものです。)

そうしていたらあっという間に14:00になったので、
この日最後の見学となる「三和酒類」さんのところへ向かいました。

三和酒類さんでは清酒を製造している「虚空乃蔵」と、
焼酎製造工場の「第二製造場」と呼ばれているところを見せてくれました。

下の画像が虚空乃蔵です。
2016121152725.jpg

2016121111630.jpg

下の画像が焼酎第二製造場のものです。
201612111182.jpg

やはりこの規模の大きさには多くの方が驚いていました(゜ロ゜)
日本でも最大級の造りをされている大企業です、
当然といえば当然ですが、凄いです。

そして16:00前にバスで集合場所へ送り届けこのイベントは終了しました。

お客様のひとりは
「ホントに良かったよ、ありがとう。」
なんて言って下さったりして嬉しく思いました。

その後のささやかな打ち上げの席でも
「来年はこうしましょうか...」
なんていう前向きな意見が多く出されたので、それなりに成功したイベントではないかと思います。

私個人も普段は見れない酒造メーカーさんの製造場を見れたり、
ぶっつけ本番で誘導役をやってみたりしてしていい経験になりました。

また来年も開催するときはもっと充実したイベントにできるように頑張ろうと思います。

大分県宇佐市安心院町|麦焼酎・大分の酒・酒蔵

縣屋酒造(株)

大分県宇佐市安心院町折敷田130

温度による味の強さ

温度による味の感じ方が変わることは、
お酒をたしなむようになる年齢にはほとんどの人が経験していることだと思います。

『酒販ニュース』第1928号にそのことが触れられていたので面白いかもと思ったので書いてみようと思います。

まず、味の基本となるのは「甘味」「酸味」「苦味」「塩味」と「旨味」を加えた通常"五基本味"と呼ばれているものがあります。

各温度による味の強さを調べると、
「甘味」は35℃で最も強く、それより高くても低くても甘味は弱く感じます。

「苦味」と「塩味」は温度が高いほど弱くなるようです。

「酸味」は従来温度の影響は受けないといわれていましたが、
(株)ワイン総合研究所の研究結果では、
室温20℃に比べて37~50℃で酸味が強まる傾向が認められたようです。

特に、37℃と43℃が、最も好ましい酸味質だったようです。
なので、清酒中に多いコハク酸は37~43℃くらいで
ソフトでまろやかな味が感じられることがわかっています。

そして感度の高さは、

苦味>塩味>酸味>甘味

となっており、
苦味と塩味は応答範囲が広く、酸味と甘味は狭いようです。

このことを頭に入れて、料理やお酒などを楽しんでみると、
新しい発見や楽しみ方が見つかるかもしれません(^^)

2016111714154.jpg

大分県宇佐市安心院町|麦焼酎・大分の酒・酒蔵

縣屋酒造(株)

大分県宇佐市安心院町折敷田130

宇佐の酒造巡りバスツアー2016(イベント告知)

告知が遅くなってしまいました(T_T)
11/27(日)に「宇佐の酒造巡りバスツアー2016」というイベントに参加することとなりました!

先着40名様限定で参加費は¥3,000となります。
(20歳以上の方となります。)

概要を説明すると、
10:00頃~宇佐市長洲漁港で行われる
"浜の市"という海産物の販売やちょっとしたイベントが開催されるのでそれに参加し、
そこから同じく長洲にある
"久保酒造"さんと、
"小松酒造場"さんの蔵を見学します。

そこから移動し、昼食には
"寿司割烹あきない"さんのところで参加予定の9蔵の清酒や本格焼酎などを飲みながらあきないさんの料理を楽しんでもらいます。

昼食を終えたら最後に
"三和酒類"さんのところを見学に行きます。
三和酒類さん本社の敷地内は広いので、一通り見学というわけには
いかないと思いますが、普段見学できないと思われる
清酒蔵の見学ができるかもしれません(^^)
(このイベントについての会議中にそのようなことを言っていたようです。)

そしてすべての行事が16:00頃には終わる、といった具合です。

私は常徳屋酒造場の中園誠社長とバスに乗り、
参加者を案内するという係を任されましたので頑張ろうと思います。

もし興味のある方は、
大分交通株式会社 貸切営業部 旅行センターに問い合わせてみて下さい。
(もし定員に達していたらごめんなさい(..))

20161111155442.jpg

大分県宇佐市安心院町|麦焼酎・大分の酒・酒蔵

縣屋酒造(株)

大分県宇佐市安心院町折敷田130

KANPAI OITA 2016

11/2(水)19:00~「KANPAI OITA 2016」というイベントが行われました!

場所は大分市のレンブラントホテルの二豊の間という所です。

2016113154054.jpg

ざっくりと概要を説明すると、
参加費の¥3,000で参加者は各蔵元が用意したお酒
(本格焼酎、日本酒やリキュールなど)が飲み放題で、
簡単なおつまみや料理が味わえるという内容です。

県内の参加した蔵元も26と去年よりも増えたと思います。
ほとんど参加していました。

時間は約2時間で、きき酒ゲームが行われ、
成績上位者には景品が贈られるイベントもあったり、
海外留学生を招待し交流を計ったりと、
内容にも一工夫あり皆さん楽しんでいる様子でした(^^)

当日のイベント開始前に発表があったのですが、
去年の参加者が262名に対し、今年は申し込みが約350名だったらしく、
このイベントが盛況であることを伺わせました(^^)

201611813493.jpg

そしていざ始まってみると、結構お客さんがきてくださって、
縣屋や大分銘醸の商品の話から、会社関係、本格焼酎や日本酒にまつわる話をしている内に
あっという間に終わってしまいました。

参加者のみなさんはそれぞれ楽しんでいるように感じ、
「大分県のお酒は美味しい」
と思ってもらえるように改めて頑張ろうと思いました。

201611814121.jpg

(通信販売コーナー作成中)

大分県宇佐市安心院町|麦焼酎・大分の酒・酒蔵

縣屋酒造(株)

大分県宇佐市安心院町折敷田130

九州本格焼酎協議会

少しタイミング的に遅いですが、
9/28に「九州本格焼酎協議会、第73回通常総会」が
開催されました。

九州本格焼酎協議会は、九州7県の本格焼酎製造業者で組織されています。
始まりは昭和19年で、「九州単式焼酎協議会」として創立されました。
現在の会員数は九州7県286者です。

私は『醸界タイムス第4952号』を読んでいて知ったのですが、
ざっくりとその内容を説明すると、
制度や需要開拓に関わる取組が報告され、今後の指針が示されたほか、
平成28年度の予算案も話し合われたようです。

そして、重要な業界総意の決議では、
①租税特別措置法第87条の恒久化
②酒税制度の見直し
を求めたようです。

この①と②を簡潔に説明すると、

①は、平成24年度の税制改正において、業界の実情を踏まえ酒税の負担にかかる中小企業の特例措置で、
この適用期間が平成29年度末までとなっており、この措置をずっと適用して下さい。
ということです。
この調整措置を打ち切られると廃業してしまう企業も出てしまいます。
といった感じです。

①について興味がある方は国税庁を覗いてみても面白いかもしれません。

こちらです。

②は、「焼酎」の呼称を本格焼酎のみにあたるように、
「連続式蒸留焼酎」や「焼酎甲類」の名称を変えて下さい。
ということです。
本格焼酎は伝統的民族酒の"國酒(こくしゅ)"であるし、世界に誇れる焼酎文化をアピールしていくためにも明確に別けて下さい。
といった感じです。

2016102917450.jpg

個人的に私もこの要望には賛成です。
現在の税率は平成元年の改正前と比べると約4.9倍の負担となっているようですし、
本格焼酎は、日本酒同様この国固有の麹文化から産まれた賜物です。

どうか政府にはこの要望を受け入れていただきたいです。

(通信販売コーナー作成中)

大分県宇佐市安心院町|麦焼酎・大分の酒・酒蔵

縣屋酒造(株)

大分県宇佐市安心院町折敷田130

大分蔵フェ酒2016

先日、大分県酒造組合の主催で、
10/18(火)に、大阪のホテル阪急インターナショナルで
「大分蔵フェ酒2016」というイベントが行われました。

とても立派なホテルです!
2016102110240.jpg

生憎私は製造場で仕事でしたので行ってきた者に話を聞いた限りでは、
チケットは完売でしたので約300名の方々が参加したようです(^^)

20161021111518.jpg

20161021111111.jpg

大分県内の本格焼酎をはじめ、日本酒やリキュールなどを中心に酒類が提供され、
料理は豊後牛のステーキや、郷土料理のひとつである鳥天や唐揚げ、カボスぶりなんかも登場したようです(^^)

そして、蔵元が用意した景品が当たる抽選会が開かれ、
大いに賑わったようです(^^)

20161021111620.jpg

行ってきた営業の者に関西の方々の印象をたずねてみると、
簡潔に一言でまとめると、
「パワフル」だそうです。

20161021111733.jpg

20161021111948.jpg

(通信販売コーナー作成中)

大分県宇佐市安心院町|麦焼酎・大分の酒・酒蔵

縣屋酒造(株)

大分県宇佐市安心院町折敷田130

KANPAI OITA 2016(イベント告知)

イベントの告知です。
大分県酒造組合主催で、
11/2(水)19:00~21:00に「KANPAI OITA 2016」という
イベントを行うので参加します!

場所は大分市のレンブラントホテル大分、二豊の間です。

先着300名で参加費は¥3,000となっております。

おおまかな内容ですが、大分の蔵元29社が参加予定で、
その日本酒や本格焼酎、リキュールなどを自由に飲むことができ、
軽食とお土産が付いている、といった感じです。

そして、きき酒のゲームを行うようで、成績が良ければ
景品がもらえるようです(^^)

なかなか好評なイベントで、確か去年もチケットは完売したと思います。

こういったイベントは参加する蔵元側は、
正直、"よし仕事!"といった感じではなく、
遊び半分といったら誤解を招くかもしれませんが、
割りとラフにする感じがあって、
個人的にはその感じが好きです(^^)

私も昼過ぎまで製造の仕事をしたら向かう予定です。
参加するからには少しでも本格焼酎の魅力を伝えられるように頑張ろうと思います。

20161016112233.jpg

(通信販売コーナー作成中)

大分県宇佐市安心院町|麦焼酎・大分の酒・酒蔵

縣屋酒造(株)

大分県宇佐市安心院町折敷田130

大分蔵フェ酒2016(イベント告知)

イベントの告知です。

大分県酒造組合の主催で、
約2週間後の10/18(火)に、大阪のホテル阪急インターナショナルで
「大分蔵フェ酒2016」というイベントが行われます。

概要ですが、本格焼酎をはじめ、大分県の日本酒やリキュールなどの酒類と、
地元産の食材を使った大分県内で親しまれている料理も振る舞われるようです!

私も参加したかったのですが、製造の方があり行けません、残念( ´△`)

そして、ゲーム的なことが行われるのでしょうか、
各参加蔵元は景品を用意するようになっています。
実はここで用意される景品の中には珍しいものや非売品のものがあり、
結構レアだったりするものもあるんです(^^)

縣屋酒造からは、ブログにも書きましたつい最近作ったTシャツを用意する予定にしています(^^)
(ちなみにこれも非売品ですよ(^^))

実は宣伝もかねて書こうと思っていたのですが、
すでに割りと早いタイミングでチケットが完売してしまったようです。

こういうイベントって仕事なんですが、
色んな人とお酒の話ができたりして楽しかったりするんですよね。
参加されるかたは存分に楽しんでください(^^)

2016104112325.jpg

(通信販売コーナー作成中)

大分県宇佐市安心院町|麦焼酎・大分の酒・酒蔵

縣屋酒造(株)

大分県宇佐市安心院町折敷田130