ホーム>蔵だより>麦について>大麦の歴史
麦について

大麦の歴史

今回は、原料である大麦の歴史について書きたいと思います。

 

大麦は小麦と並んで、世界で最も古い作物の一つです。

約一万年前から、現在のイラクのあたり、メソポタミア文明が栄えた地域で栽培されていたようです。

 

17万年前にアフリカのエチオピアから始まったといわれる人類が、

中近東、アジアへと広がり、さらにシペリア、アラスカを経て南米までたどり着き、

地球上のほぼ大陸全土に広がったのが約一万年前です。

 

その頃、旧石器時代が終わり、新石器時代が始まりました。

シュメール人がメソポタミアにやってきて、この地で農耕と牧畜を始めました。

彼らは大麦と小麦を栽培していました。

 

この麦の生産性がとても高かったために、農耕に専念しなくてもすむ人々が出るようになりました。

要するに食料が豊かにできるようになったため、食べるためだけに生きなくてもよくなっていったのです。

 

神官や職人など農耕に従事にしない人々が出現し、それが文明を生むきっかけとなったようです。

 

古代エジプトでも大麦が主食のパンの原料として使われたことが

ヒエログリフ(3種あるエジプト文字の1つ)に描かれているようです。

 

エジプトでは紀元前約5000年頃から農耕が始まったと言われています。

大麦と小麦はこの頃から栽培されていたと考えられます。

 

その後、時を経て、大麦が日本に渡ってきたのは、1800年ほど前、約3世紀頃です。

小麦よりも1世紀早く伝わりました。

 

3世紀ごろといえば、日本では弥生時代の終わり、女王卑弥呼が邪馬台国を治めていた頃です。

弥生時代の初期とみられる遺跡から、土器に付着した大麦が発見されています。

 

このことから弥生時代の農耕文化において、大麦はすでに重要な作物であったと考えられます。

中国から朝鮮半島を通って伝わってきたと考えられており、奈良時代には日本でも広く栽培されていたことがわかっています。

 

余談ですが、

江戸幕府を開いた天下人、

徳川家康が麦ごはんを好んで食べていたことは

『徳川実記』に記されています。

 

麦ごはんに胃腸を整えるなどの効用があることを、

家康は知っていたのだろうと思われています。

 

世界最古の穀物の一つといわれる大麦。

大麦は食物繊維やビタミンが豊富です。

 

(食物繊維は胚乳の部分に多く含まれ、

ビタミンは胚芽の部分に多く含まれています。)

 

もちろん麦焼酎を飲んでほしいですが、

お米と混ぜて食べると、そこまで食べにくくもないですし、栄養価も高いです。

(麦とろご飯はホントに美味しいと思います(^^))

 

これから暑くなるシーズンにぴったりな

麦茶もノンカフェインで冷却効果もあるようです。

 

ということで、

生活に大麦を取り入れていない方がいましたら

是非麦ご飯や麦茶、もちろん麦焼酎も足しなんで頂きたいと思います。

 

 

(通信販売コーナー作成中)

大分県宇佐市|麦焼酎・大分の酒・酒蔵

縣屋酒造(株)

大分県宇佐市安心院町折敷田130