ホーム>蔵だより>世界の蒸留酒>世界の蒸留酒2(アメリカン・ウイスキー&カナディアン・ウイスキー)
世界の蒸留酒

世界の蒸留酒2(アメリカン・ウイスキー&カナディアン・ウイスキー)

 前回からの続きで世界の蒸留酒を紹介したいと思います。

 

3.アメリカ アメリカン・ウイスキー

 アメリカ合衆国で生産されるウイスキーのことで、世界5大ウイスキーの1つです。

 味は、ほかのウイスキーの産地と比べると薄い印象のものが多いようです。

 アメリカン・ウイスキーは法律により、以下のように規定されています。

 「穀物を原料にエタノール濃度(アルコール度数)95%未満で蒸留した後、オーク樽で熟成させたもの、

 およびそれにスピリッツをブレンドしたもので、エタノール濃度40%以上で瓶詰めしたもの。(ただしコーン・ウイスキーについては熟成は不要)」

 そして、エタノール濃度については、熟成前の樽詰めの段階で62.5%以下でなければならないとも法定されています。

 アメリカでは、さまざまなな穀物が収穫されることから、ウイスキーとして用いられる穀物もさまざまです。

 アメリカン・ウイスキーは、法律で定められた主な原料および製法の違いによって、以下の種類に分類されます。

 ①バーボン・ウイスキー 原料は、トウモロコシが51%以上を占め、内側を焦がした新しい樽で熟成したもの。

 ②コーン・ウイスキー 原料は、トウモロコシが80%以上を占め、

            古い樽、または内側を焦がしていない樽で熟成したもの。

 ③モルト・ウイスキー 原料は、大麦が51%以上を占め(100%を占めるとシングルモルト・ウイスキーとなります)、

            内側を焦がした新しい樽で熟成したもの。

 ④ライ・ウイスキー 原料は、ライ麦が51%以上を占め(100%を占めるとシングルライモルト・ウイスキーと

            なります)、内側を焦がした新しい樽で熟成したもの。

 ⑤ホイート・ウイスキー 原料は、小麦が51%以上を占め、内側を焦がした新しい樽で熟成したもの。

 

 なお、こちらのものすべて熟成期間が2年間を超えると、頭にストレートがつき、アメリカン・ウイスキーの

 生産量のおよそ半分を占めます。

 (例えば、①ならストレート・バーボン・ウイスキーとなります。)

 また、ストレート・ウイスキーに、他のウイスキーまたはスピリッツを混ぜたものを

 ブレンデッド・ウイスキーといいます。

 この場合、ストレート・ウイスキーが20%以上を占めていなければなりません。

 また、ブレンデッド・ウイスキーのうち、ストレート・バーボン・ウイスキーを50%以上含むものを

 ブレンデッド・バーボンといいます。

 

4.カナダ カナディアン・ウイスキー

 カナダ国内でで生産されるウイスキーのことで、世界5大ウイスキーの1つです。

 原料は、主にトウモロコシ、ライ麦、大麦の麦芽で、国内で蒸留したものを、

 容量180リットル以下の樽を用いて熟成を行い、

 最低でも3年以上の熟成期間を置かなければいけません。

 

 原料の使用割合は任意ですが、「カナディアン・ライ・ウィスキー」

 (単に「ライ・ウィスキー」と呼ばれる場合もあります)を名乗りたいのであれば、

 ライ麦の使用比率を51%以上にしなければいけません。

 また、使用量に制限があるものの、全くウィスキーとは関係のない

 香味液(ワインやブランデーなど)を用いる場合もあるようです。

 

都合上、また次回以降引き続き「世界の蒸留酒」を紹介したいと思います。

 

(通信販売コーナー作成中)

大分県宇佐市安心院町|麦焼酎・大分の酒・酒蔵

縣屋酒造(株)

大分県宇佐市安心院町折敷田130

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.agataya.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/26