ホーム>蔵だより>酒造りについて>蒸留最終日
酒造りについて

蒸留最終日

梅雨が明け、大分県北部では30℃を越える日が続いています。

酒造業を営んでいるところの大半は、
この時期は製造を一時ストップすると思います。
(時期的に製造にはふさわしくないということで。)

うちも今日が蒸留最終日、モロミがすべてなくなります。

左下に微かに見えるのが最後のモロミです。

2016726113939.jpg

下の画像は午前中に撮ったものです。
午後からこの残りを蒸留すればすべて終了です。

2016726114311.jpg

問題なく、順調に発酵してくれました、ひと安心です(^^)
ですが、毎年そうなのですが真夏や、真冬ってアルコールの収得量が少な目になります( ´△`)
そのかわりではないですが、季節の変わり目、春や秋は収得量が増えます(^^)
なぜかはわかりません、不思議なものです。

個人的には、一に品質、二に収得量を大事にしているので、やはり夏は好きではありません(-.-)

そして、製造業務がガクッとへるので、ここぞとばかりに大掃除を刊行中です。

2016726115523.jpg

次期製造に向けて清潔にしたいと思います。

(通信販売コーナー作成中)

大分県宇佐市安心院町|麦焼酎・大分の酒・酒蔵

縣屋酒造(株)

大分県宇佐市安心院町折敷田130