ホーム>蔵だより

蔵だより

大分きき酒会

2/6(月)に大分県酒造会館で本格焼酎のきき酒会がありました。

新聞社やテレビ局の取材カメラが入っていたので夕方のニュースや新聞等で見た方もいるかもしれません。

出品点数は計106点で、内100点は麦、あとは甘藷が4点、米と粕取が各1点ずつです。

懸屋酒造からも4点出品してみました。

審査員の方々がきき酒を終えると、
その他の参加者もきき酒をさせてもらえるので非常にいい勉強になります。

会場の様子です。
出品酒はこのように並べられ、どこのメーカーか分からないようにします。
ただ、ランダムではなく常圧蒸留、減圧蒸留という具合に品質のタイプ別には分けてあります。

201728164652.jpg

白衣を着ている方々が審査員です。
小一時間程度で100回以上きき酒するので大変そうです(¯―¯٥)

201728165423.jpg

審査員の方々のきき酒が終わると、どの出品酒がどのメーカーのものかを照合できるようになります。

201728165950.jpg

簡潔に言うと、各審査員が1〜4点のあいだで出品酒に対して点をつけ、
平均で1.00点が最もいい点となります。
なので、どれだけ1.00点に近い点を取れるかで
熊本の鑑評会で入賞する可能性も上がる、という感じです。

ちなみに4品出した評価ですが、2点台のものが1点あったのでそれは鑑評会には出しません(¯―¯٥)
あとは正直なところこれはイケる!という高評価なものがなかったのですが(-_-;)
微妙なとこなのでダメ元で出してみようと思います。

チャレンジって大事ですよね!

大分県宇佐市安心院町|麦焼酎・大分の酒・酒蔵

縣屋酒造(株)

大分県宇佐市安心院町折敷田130

出品酒作成中

寒い日が続いています(*_*)
安心院でもうっすらとですが雪が積もったときがありました。
車の運転には特に注意です。

さて、酒造メーカーはこの時期になると、
「酒類鑑評会」が国税局主催で開かれるので
その出品酒造りにとりかかるところが多いと思います。

大分県の酒造メーカーは熊本国税局の管轄になり、
あとは熊本県、宮崎県、鹿児島県も含まれます。

今年は発送の締め切りが2月半ばなのですが、
大分県ではその少し前に県内の酒造メーカーが集まり、
"きき酒会"を開きます。

そこで評価委員の方々がきき酒を行い、
評価の良かったものを熊本国税局の鑑評会の方に出す感じになっています。

ということで、今年はこの4本が候補です。

201712715103.jpg

あとはこのような出品目録などを作成していきます。

2017127151212.jpg

201712715219.jpg

今年も去年と同様に常圧も減圧も出してみます。
さてどんな結果になるか、不安ですが今から楽しみです(^^)

大分県宇佐市安心院町|麦焼酎・大分の酒・酒蔵

縣屋酒造(株)

大分県宇佐市安心院町折敷田130

蒸留後の原酒の冷却

新年を迎えてから早くも2週間近く経ってしまいました。
お正月も造りがあり出勤していたせいか、とても早く感じます。
やる仕事がいっぱいあるというのは大変に思えますが幸せなことでもありますよね。

さて、今回は蒸留後に行う縣屋酒造方式の"原酒の冷却"を紹介したいと思います。

そもそも、なぜ原酒を冷やす必用があるのか、
ということですが、ずばり油成分の除去のためです。

しかし、油分の除去には賛否両論あります。
酸化した油分は雑味の要因になるのですが、旨味も含んでいると言われます。

ですから、他のメーカーさんによっては自然と浮いた油分以外は取らないところもあります。

けれど、縣屋酒造では製品がキレイな酒質のものなので、私が入社するずっと前から冷却は行われていました。

取る前と後では品質にも違いが出ます。
私個人の感想ですが、軽くなる感じでスッキリします。

では、実際にどのように行っているかというと、
蒸留後の原酒を貯めるタンクで原酒を循環させながら冷やします。

下の画像のようにタンク下部の"呑み口"から原酒を出します。

2017113132945.jpg

このチラーを通すことで冷却されます。

201711514810.jpg

チラーを通しタンク上部から戻します。

2017115134317.jpg

201711513459.jpg

そして品温が下がり0℃くらいにまで冷やすとこのような感じで油分が浮きます。

2017115134756.jpg

縣屋酒造ではこのような冷却の行程を経てろ過をする、
"冷却ろ過"を行い大部分の油分を取り除きます。

そして、貯蔵タンクへ移動し、貯蔵をはじめます。

大分県宇佐市安心院町|麦焼酎・大分の酒・酒蔵

縣屋酒造(株)

大分県宇佐市安心院町折敷田130

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

おかげさまで1712年より続いております
縣屋酒造は305周年目の新年を迎えることができました。

私たち従業員一同、「お客様に喜んで頂く」という基本を大切に、おいしい大分県の本格麦焼酎を届けられるよう、小さな会社でありますから地道に、ひとつずつ、目の前のできることから真剣に取り組んで参りたいと思います。

 簡単な挨拶ではありますが、
本年も変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。
皆様のご健勝とご発展をお祈り申し上げます。

201713125242.jpg

大分県宇佐市安心院町|麦焼酎・大分の酒・酒蔵

縣屋酒造(株)

大分県宇佐市安心院町折敷田130

常圧蒸留

前回は減圧蒸留を紹介しました。
今回は常圧蒸留の方を紹介したいと思います。

蒸留機は減圧蒸留との兼用なので同じこの蒸留機で行っています。

20161227165727.jpg

モロミの量は常圧用も減圧用も変わらず約3,800Lあります。
ただし、蒸留後に採れる量は減圧蒸留の方が少しですが多いです。
高温で過熱し続けますから、ガスと一緒に蒸発してしまう分があるようです。
減圧の場合は密閉してますから、そのぶんのロスが無く回収できるようです。

蒸留時間は垂れてきてから約180分をメドにしています。
ちなみに、12月23日に行っ分はアルコール44.9%のものが1,365L採れました。
(アルコール25度に換算すると、一升瓶が約1,361本分できます。)

味は豊潤なタイプが多く、さまざまな微量成文が入っているので味わい深いです。
芋焼酎は圧倒的にこちらのタイプが多いです。

下の画像は蒸留直後のものです。
分かりにくいかもしれませんが、この状態ではまだ白濁しています。
(ろ過すると透明になります。)

20161227172650.jpg

見学に来た方にこの状態のものを見せると、
「匂いだけで酔いそー!」
とか言います(^^)
高アルコールの原酒のインパクトは凄いみたいです(^^)

縣屋酒造にも『不死鳥』と『道』という常圧蒸留の製品がありますので、試してみて下さい。

不死鳥は裸麦を原料に白麹で醸造しています。
道は裸麦を原料に黒麹で醸造しています。

麹の種類を変えただけですが品質は違います。
どうぞよろしくお願いします(^^)

大分県宇佐市安心院町|麦焼酎・大分の酒・酒蔵

縣屋酒造(株)

大分県宇佐市安心院町折敷田130

減圧蒸留

いよいよ本格的に寒くなってきました。
インフルエンザやノロウイルスが流行しているみたいです。
気を付けなければいけません。

さて、今回は久し振りに縣屋の造り、
「減圧蒸留」を紹介したいと思います。

縣屋酒造の二次モロミは、大体3,800Lあり、
それを蒸留日に午前と午後の2回に分けて蒸留を行っています。

ほかの酒造メーカーさんでは、2~3日間かけて1本の二次モロミタンクを蒸留するなど、そのやり方はまちまちです。

さて、ここで「減圧蒸留」とはどういう蒸留方法なのかを説明したいと思います。

"減圧"とは、蒸留釜から冷却塔、蒸留酒受け入れタンクまでの、
一部の空間だけを真空状態に近づけ気圧を上げることによって、
沸点を下げることができ、結果ライトな蒸留酒を造り出す蒸留方法のことです。

"ライト"という表現にしましたが、
ほかによくいえば"軽快"、"飲みやすい"、"クセが少ない"、"キレがよい"といった感じです。

悪くいえば"物足りない"、"味気ない"、"淡白"といった感じです。

では、なぜ沸点を下げることによってライトな蒸留酒ができるかというと、
焼酎モロミ内に入っている各種微量成文の沸点がバラバラで、
沸点を下げることによって蒸留酒の方に移行しない成文が出てくるからです。
(例えば"フルフラール"という成文がそうです。)

この蒸留方法は、昭和48(1973)年頃に福岡県で日本酒の蒸留に初めて行われたようです。
そして翌年、熊本県で米焼酎の蒸留が行われ、その後広く普及していったようです。
まだまだ歴史は浅いと思います。
このライトでクリアなタイプは日本人の嗜好に合うのだと思います。
すっかり定着してしまいました。
現在では本格焼酎の主流です。

ちなみに、12月2日に行った蒸留では、
3,807Lのモロミで、アルコール45.3%のものが1,482L採れました。
1回の蒸留時間は縣屋では大体200分です。

下の画像が縣屋の蒸留機です。
20161223175651.jpg

20161223175755.jpg

次回は常圧蒸留のほうも書きたいと思います。

大分県宇佐市安心院町|麦焼酎・大分の酒・酒蔵

縣屋酒造(株)

大分県宇佐市安心院町折敷田130

國酒(コクシュ)

本格焼酎や日本酒は"國酒"というふうに表現されることがあります。

個人的には、"この国で造られる大事なお酒"というふうに受け取っているので気に入っています(^^)
(中には"右翼的"などと批判的な意見もあり賛否両論なようですが...)

そこでふと思いました。
なぜ「國酒」という言葉や概念が生まれたのか。

ということで短時間ですが、國酒について自分なりに調べてみました。

発端は約35年前の大平内閣のときに、日中国交回復の晩餐会にて、
ホスト国である中国が自国の酒「白酒(パイチュウ)」で日本を歓待したそうです。

これを受けた当時の大平首相は、日本には伝統の酒である本格焼酎や日本酒があるのに、
我が国での外交晩餐会はフランス料理にワインなどで乾杯をしている。
"これはいけない"と思い、本格焼酎や日本酒を「國酒」と命名し、
乾杯の際に使用することを提案したようです。

しかしなかなか浸透せず時は流れ、海外で日本食がブームになるとそれに乗じて國酒もPRしようと、
平成24年5月、古川元久国家戦略担当大臣(当時)が
「國酒プロジェクト」なるものを始動しました。
簡潔に概要を説明すると、

①成長戦略
海外で少しずつ浸透している日本食とともに、海外で國酒をもっと飲んでもらう。

②地域活性化
旅行先などで"地元"で造られている食や國酒を飲んでもらう。

③日本文化の振興
國酒やそれにまつわる食の魅力をもう一度見直す。

といった感じです。

輸出においては、日本酒のほうは数量を伸ばしているようですが、
本格焼酎はまだまだです( ´△`)

酒類のイベントはそれなりに成功し、
地方であってもそれなりに盛り上がりを見せているように感じます。
企画や広報などの"やり方"が大事な気がします。

今後、さらなる日本の人口減少や、
日本人(アジア系)は元来そこまでお酒に対する耐性が強くない人が多い、
といったことを考えても国内消費だけでは先細り感は否めません。

なるべく早く本格焼酎はウォッカ、ジン、テキーラなどの様に
「世界の蒸留酒」と認められるように、
日本酒はワインの様に、「世界の醸造酒」と認められるように
我々も頑張って活動を行っていかないといけないと思いました。

20161213174634.jpg

大分県宇佐市安心院町|麦焼酎・大分の酒・酒蔵

縣屋酒造(株)

大分県宇佐市安心院町折敷田130

宇佐の酒造巡りバスツアー2016

11/27(日)に「宇佐の酒造巡りバスツアー2016」
というイベントが行われました!

縣屋酒造を含む宇佐市と豊後高田市の蔵元9蔵が参加しました。

簡潔に概要を説明すると、
参加費用¥3,000で、大型バスに乗り宇佐市内の蔵を
見学していくという内容で、
昼食付きでその際には参加蔵元が用意したお酒が飲み放題、といった感じです。

私はバスに同乗して参加者の人数確認や誘導役を任されましたので、
参加者の集合場所である柳ヶ浦駅から参加者の受付確認をするところから仕事がスタートしました。
40名の募集に対して当日は39名の参加でした。

まずは10:00に柳ヶ浦駅を出発して長洲漁港で月に1度開催されている「浜の市」に行きました。
各種海産物やお弁当、焼きそばなどの食べ物などが販売されており美味しそうでした(^^)

そしてそこからバスで5分ほど移動して麦焼酎を造っている
「久保酒造」さんのところへ見学に行きました。

下の画像がそれで、みなさん久保社長の説明を熱心に聞いていました。
20161130165253.jpg

次にそこから歩いて清酒を造っている
「小松酒造」さんのところへ見学に行きました。
(この宇佐市長洲には酒造メーカーが集まっていて、
歩いて行けるくらい近いです。
"兼八"が代表銘柄の四ッ谷酒造さんも近くにあります。)

下の画像が小松酒造さんの画像です。
みなさんまた熱心に話を聞いて、清酒を試飲したり
仕込み水を飲んだりと楽しんでおられるようでした。
2016113017452.jpg

そうこうしているとちょうどお昼になったので、
昼食のためにバスで10分ほど移動して
「割烹あきない」さんのところへ行きました。

下の画像が「あきない」さんでの画像です。

20161130171129.jpg

20161130171237.jpg

ここではわれわれ参加蔵元が用意した約40種類の
本格焼酎や清酒、リキュールなどが飲み放題でふるまわれ、料理と一緒に楽しんでくれているようでした(^^)

そしてここではさらに参加蔵元が用意した計18点の景品が当たる抽選会も行われ、結構盛り上がりました(^^)
(縣屋からはTシャツを出しました。以前のブログに載せたものです。)

そうしていたらあっという間に14:00になったので、
この日最後の見学となる「三和酒類」さんのところへ向かいました。

三和酒類さんでは清酒を製造している「虚空乃蔵」と、
焼酎製造工場の「第二製造場」と呼ばれているところを見せてくれました。

下の画像が虚空乃蔵です。
2016121152725.jpg

2016121111630.jpg

下の画像が焼酎第二製造場のものです。
201612111182.jpg

やはりこの規模の大きさには多くの方が驚いていました(゜ロ゜)
日本でも最大級の造りをされている大企業です、
当然といえば当然ですが、凄いです。

そして16:00前にバスで集合場所へ送り届けこのイベントは終了しました。

お客様のひとりは
「ホントに良かったよ、ありがとう。」
なんて言って下さったりして嬉しく思いました。

その後のささやかな打ち上げの席でも
「来年はこうしましょうか...」
なんていう前向きな意見が多く出されたので、それなりに成功したイベントではないかと思います。

私個人も普段は見れない酒造メーカーさんの製造場を見れたり、
ぶっつけ本番で誘導役をやってみたりしてしていい経験になりました。

また来年も開催するときはもっと充実したイベントにできるように頑張ろうと思います。

大分県宇佐市安心院町|麦焼酎・大分の酒・酒蔵

縣屋酒造(株)

大分県宇佐市安心院町折敷田130

温度による味の強さ

温度による味の感じ方が変わることは、
お酒をたしなむようになる年齢にはほとんどの人が経験していることだと思います。

『酒販ニュース』第1928号にそのことが触れられていたので面白いかもと思ったので書いてみようと思います。

まず、味の基本となるのは「甘味」「酸味」「苦味」「塩味」と「旨味」を加えた通常"五基本味"と呼ばれているものがあります。

各温度による味の強さを調べると、
「甘味」は35℃で最も強く、それより高くても低くても甘味は弱く感じます。

「苦味」と「塩味」は温度が高いほど弱くなるようです。

「酸味」は従来温度の影響は受けないといわれていましたが、
(株)ワイン総合研究所の研究結果では、
室温20℃に比べて37~50℃で酸味が強まる傾向が認められたようです。

特に、37℃と43℃が、最も好ましい酸味質だったようです。
なので、清酒中に多いコハク酸は37~43℃くらいで
ソフトでまろやかな味が感じられることがわかっています。

そして感度の高さは、

苦味>塩味>酸味>甘味

となっており、
苦味と塩味は応答範囲が広く、酸味と甘味は狭いようです。

このことを頭に入れて、料理やお酒などを楽しんでみると、
新しい発見や楽しみ方が見つかるかもしれません(^^)

2016111714154.jpg

大分県宇佐市安心院町|麦焼酎・大分の酒・酒蔵

縣屋酒造(株)

大分県宇佐市安心院町折敷田130

宇佐の酒造巡りバスツアー2016(イベント告知)

告知が遅くなってしまいました(T_T)
11/27(日)に「宇佐の酒造巡りバスツアー2016」というイベントに参加することとなりました!

先着40名様限定で参加費は¥3,000となります。
(20歳以上の方となります。)

概要を説明すると、
10:00頃~宇佐市長洲漁港で行われる
"浜の市"という海産物の販売やちょっとしたイベントが開催されるのでそれに参加し、
そこから同じく長洲にある
"久保酒造"さんと、
"小松酒造場"さんの蔵を見学します。

そこから移動し、昼食には
"寿司割烹あきない"さんのところで参加予定の9蔵の清酒や本格焼酎などを飲みながらあきないさんの料理を楽しんでもらいます。

昼食を終えたら最後に
"三和酒類"さんのところを見学に行きます。
三和酒類さん本社の敷地内は広いので、一通り見学というわけには
いかないと思いますが、普段見学できないと思われる
清酒蔵の見学ができるかもしれません(^^)
(このイベントについての会議中にそのようなことを言っていたようです。)

そしてすべての行事が16:00頃には終わる、といった具合です。

私は常徳屋酒造場の中園誠社長とバスに乗り、
参加者を案内するという係を任されましたので頑張ろうと思います。

もし興味のある方は、
大分交通株式会社 貸切営業部 旅行センターに問い合わせてみて下さい。
(もし定員に達していたらごめんなさい(..))

20161111155442.jpg

大分県宇佐市安心院町|麦焼酎・大分の酒・酒蔵

縣屋酒造(株)

大分県宇佐市安心院町折敷田130